借金 自己判断チャート

貴方の借金解決法は?メリットは?デメリットは?

下のチャートで自分の債務整理の方法を見つけてください。

債務整理種類


自分の方法がわかったら、今度はその方法のメリット・デメリットを知りましょう。
債務整理メリットとデメリット

「支払い不能」と認められたとき自己破産手続きをします
 給料で何とか払える額がある場合は、他の方法で解決できるかもしれません。

・過払い金以外はブラックリストに載りますが、それは5年〜7年後に削除されるそうです。
・任意整理で整理できる場合は裁判所は関わりません。
・債務整理は、秘密に整理できます。 基本的に他人に言わなければ知られることはありません。

※これらは、一般的なメリット・デメリットです


「借金額」「返済社数」「現在の収入」「財産」などを照らし合わせなければ、債務整理のどの方法で解決するか決められません。
実際、事務所に相談すると貴方の場合はどうなのか、を詳しく教えてもらえます。

↑ここまでが無料相談


それを聞いたうえで、債務整理の手続きをする、しないを貴方が決めるのです。


債務整理の中でも「任意整理」はリスクがかなり低くこの方法で解決することができれば理想的といえます。

更に…今、相談すれば「任意整理」で済むかもしれないのに、放っておけばおくほど

総返済額が増える…借金を解決しない限り利息を払い続けなければなりません。
自己破産の可能性が高くなる…いろいろな制限を受ける精神的な苦痛を味わいます。
ブラックリストの時効が後々になる…高齢ほどクレジットが組めなくなります。

これらのリスクが高くなることが簡単に想像できます。

特に、総返済額が増えるなんて馬鹿らしくないですか?
今すぐ法律のプロ、弁護士・司法書士との無料相談をお勧めします。

法律のプロの敷居 以前と現在

借金解決、弁護士に頼む!

借金解決、司法書士に頼む!


トップ なぜ減らない? 心の障害 自己診断 法律のプロ サポートサイト