借金 借金苦 心 障害

借金苦で起こる心の障害…不眠、うつ、胃潰瘍

借金でどうしようもない、と思う心のストレスは半端じゃありません。

債務整理

 

最初は、月末が来ると胃が痛くなります。
そのうち、毎日返済方法を考えるようになります。
さらに、四六時中、仕事中でも頭のなかで、どこかで貸してくれる友人はいないか、金融関係会社は、ないか…ということが頭から離れなくなります。

 

その結果、眠れなくなります。

 

ストレスのない人に比べて、睡眠時間が少なくなる傾向が、13倍以上である。
深刻な不安を抱える状態が、7倍以上である。
他人に八つ当たりする傾向が、ほぼ7倍である。
深刻なうつ状態になる傾向が、6倍近くある。
潰瘍や消化器系の病気になる傾向が、4倍である。
心臓病や偏頭痛になる傾向が、2倍である。

  byライフハッカーhttp://www.lifehacker.jp/

よく聞く、ストレスからくる心の病気の代表は「うつ病」「神経症」「心身症」。
体の病気は「胃潰瘍」「円形脱毛症」。

 

コレ、簡単に治療する方法があります。
そう、法律のプロに相談すること、です。

 

相談しただけで、借金のストレスの半分がなくなりました。

 

全てをお願いし、「明日から支払いはしないで下さい」と言われた瞬間、胃の痛みは収まり、目の前が明るくなったことを今でも覚えています。
もちろん、その夜から、眠れるようになりました。(債務整理経験ありの友人談)

 

法律のプロの敷居が以前に比べて低くなった

 

 

借金苦で起こる心の障害記事一覧

借金苦が原因で起こる事件

借金が返せない 借りられるところがない でも返さなきゃならない自分を追い詰めた先にたどり着くのは、人によっては、「犯罪」か「自殺」になります1、記憶に新しい「ベネッセ個人情報流出」の犯人は 借金苦で月々の返済が11万だったそうです。2、「消費者金融などの借金80万円の返済が迫っていた」元プロ野球選手...

≫続きを読む


トップ なぜ減らない? 心の障害 自己診断 法律のプロ サポートサイト